ジュニジュニうに村

リリーパの手によって支配された村

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先輩の部屋~悶絶アークス池沼同時二穴責編~

「…問おう。おまえが私のマスターか?」
吉田沙保里ネキ

「……」
アホ切嗣
「…(なんだかよくわからんけど聖杯戦争勝てるなこりゃ」


のっけからわけわからんネタでごめん候。
さて、本日の先輩の部屋のターゲットは…Nkb!
王国にだ~いぶ慣れてきたと思うけど、生来のコミュ下手なのか、うまく会話に入れないとの○○○さんの話。
これは先輩が勃ちあがるしかないね!
それでは、ご覧くださいっ!

↓BGMを視聴してから見よう(推奨)






トムさん「既にアップしている先輩のケツを激写」

Nakaba「おじゃましまーす」
KTGY先輩return「入って、どうぞ」
トムさん「この曲結構病みつきになる」

ギャラリーが少ないが時間なのでちゃっちゃと開始
KTGY先輩return「皆様、ご無沙汰しております。リリーパ村(仮専属調教師のKTGYと申します」

トムさん「キャーセンパイヨー!!」

KTGY先輩return「本日調教するのは・・・Nkb!

Nakaba「なんか凄い略され方された」

トムさん「ついになかちゃんが・・・」
ジュニ猫「あら^~」
ソラヤ「NKB48」

KTGY先輩return「周りからは自分から上手く話しかけられないシャイボーイと聞いております。」

Nakaba「そんなこともないと思うんだけどなー」

トムさん「のっけから全否定」

KTGY先輩return「果たして彼女は先輩の調教で上の口も下の口もガバガバにする調教に、耐えることができるでしょうか?」
「それでは、ご覧ください!(視聴者は随時先輩ルームへ」
「ほら、そこの清掃員」

トムさん「!?」

Nakaba「間違ってないけど間違ってるw」

KTGY先輩return「何でもパチン コの清掃してるそうだな」

Nakaba「スロット屋ですね」
トムさん「それも深夜(意味深)」
KTGY先輩return「よし、先輩が玉を綺麗に穢してあげようじゃないか」
「/toge へい、Nkb inオリ・オリ!」

トムさん「スロットにも@#!はあるんだよな・・」

Nakaba「はいはい」

諦め顔のままオリにはいるNkb。先輩の眼光は正しく野獣そのものであり、男は皆ケモノであるとアークスの教科書にも書いてある。

KTGY先輩return「よーしおまえもう生きてここから出られないからな」
「しかし、しかしだ!」
ケツの穴に万枚流し込む・・・というのは普通すぎるよな」

ねっとりとした視線で今回の獲物を品定めする。だが獲物を壊してはならない。骨までかじっても肉は残すのが調教師の作法だ。

Nakaba「どこの業界の常識ですかそれは・・・」
トムさん「アヌシザグリプレイ」

KTGY先輩return「/toge やはりここはPSO2らしく、前の穴と後ろの穴を同時に拡張していこうじゃないか!」

ジュニ猫「どこにPSO2要素がw」

トムさん「なんせ2だからね(強引)」

Nakaba「/moya 私の知ってるPSO2の常識ではなかった^q^」

KTGY先輩return「パチ ンコ玉で造ったア ナ ルビーズをズボッと・・・は普通すぎるのでやめました」

トムさん「普通とは一体・・・w」

王道とマンネリは違う。それを一緒くたにする半端者は生涯地を這うのである。

KTGY先輩return「さて、N↑k↓bちゃんの穴解体ショーの始まりや」
「おまえら、よ~くみとけよ」

トムさん「ウェーイ」
Nakaba「なにも資材出ませんよ?」
ジュニ猫「エクストラスロット開放!」
トムさん「●REC」

確かにNkbちゃんを解体しても2-4-11すら無理であろう。だが仏陀は言った。穴は無限の可能性があると

KTGY先輩return「ふむ、まずはNkbちゃんの穴はどんな大きさか測ってみようじゃないか」
「/toge まずは☆7ランスから、デイライトスカーをブスッ!」
「おうどんな味だ」

Nakaba「味覚ないので知らんよ」

KTGY先輩return「/toge だれが味で答えろったオラァン!」

トムさん「デイライトスカー結構トゲトゲしかった///」

Nakaba「/toge おもえやー」

KTGY先輩return「君、あれねぇ。どうだっていいけど、結構・・・不作法、さんね」
Nakaba「不器用なもんで(;´∀`)」

KTGY先輩return「そりゃあねぇ・・・んっふっふ・・・初めてってのは何かとつらいもんだけどねえ」
「こう、受け入れてやろうじゃないか!って気概が足りない」
「そんなんだからね、あいつは隠れコミュ障とか思われちゃうのね」
「心と体と口をボロッと曝け出していこう」
「/toge 是非お願いしますとは言えねえのかよぉ!?」

Nakaba「じゃぁ、お願いします」

KTGY先輩return「ん~・・・なんかたんねえよなあ」
「先輩さん、お願いします、でしょ?」

Nakaba「先輩さん、お願いします」

KTGY先輩return「うんいいね・・・んふふふ・・・でもまだ足りないねえ」
「/toge 先輩さん、わたしを恥ずかしい体にしてくださいお願いします!」
「ここまでイッてほしいね・・・ん」

ジュニ猫「キャッ」

Nakaba「/toge 先輩さん、わたしを恥ずかしい体にしてくださいお願いします!」

KTGY先輩return「よし、では先輩の言葉に合わせて復唱!」
「Nkbは辱められて喜ぶ女です!」

Nakaba「Nkbは辱められて喜ぶ女です!」

KTGY先輩return「もう上下の口を閉じたりしません!」

Nakaba「もう上下の口を閉じたりしません!」

KTGY先輩return「もっとウェポンで責めてください!」

Nakaba「もっとウェポンで攻めて下さい!」

KTGY先輩return「/toge なんで俺が責めなきゃいけんぇんだよぉぉぉぉお!(理不尽」


ジュニ猫「ウェポン♂」
Nakaba「誰かに依頼されたから・・・?」


KTGY先輩return「よし、じゃあこれだ。ちるちゃんが愛用してたギガススピナー」
「これを尻の中にいれてゴリゴリ動かしてみろ」


ちる「潜在開放もしてアリマス」
ジュニ猫「真ん中割れたらウニの味」
Nakaba「見た目通りトゲトゲしいですね」

KTGY先輩return「あとおまんまんにはこいつを挿れる。ビブラスランス」
「前と後ろからズッボズボするんだよ」

ちる「ギャラリーがリリパしかいねーww」

Nakaba「角のトゲの部分が引っかかって上手く入りません」

ジュニ猫「獣ばかりじゃw」

超教室はケダモノの野臭でいっぱいだった。並の人間ならこの時点で卒倒してしまうほどに…。

KTGY先輩return「よーし動かすからなー」
「(ゴリゴリ・・・グチャグチャ…ヌプヌプ・・・チュブ・・・ゴリリッ・・・)」
ジュニ猫「ゴムつけたら優しくなれる」


KTGY先輩return「おう、どんな気持ちだ」


ジュニ猫「ちるせまいぞー あっちいけー」
ちる「ズニがデブのせいじゃー」

リリーパテントで調教をガン見する2匹。もうクエ行ってるところ見られないんじゃないかな?(怠惰


KTGY先輩return「おい、寝てんじゃねーゾ」
「それともあれか、痛くて声も出せねえか?」


Nakaba「どんな気持ちって言われてもねぇ、理不尽な上司に無理やり飲みに付き合わされて説教されてる気持ち」

思いがけない正論返し!しかし先輩は動じない。

KTGY先輩return「ふむ・・・成る程、つまりただ痛いだけと」
「まあいいよ~そういう反抗的な態度嫌いじゃないから(ニッコリ」
「それじゃあねえ、あえて優しくしよう。そして絶対許さない」
「Nkbちゃんねぇ。君はログアウトする時はちゃんと挨拶するよね。」

Nakaba「そうですねー」
ジュニ猫「うちたまに忘れる☆」

KTGY先輩return「バイトなんで落ちます」皆「お疲れー」ってね、労ってくれるよね」
Nakaba「ですね」

KTGY先輩return「それはね、信頼の証なの、Nkbちゃんをチームの一員として信頼しているからこその言葉なんだよ」
Nakaba「挨拶はする人はするししない人はしないのでなんとも言えないですねー」

KTGY先輩return「それなのに君は未だコミュ障の殻を被って溶け込もうとしない。最低限の受け答えでお茶を濁している・・・」
「それがチムメンに対して・・・どれだけ失礼千万な態度か・・・考えた事があるのか!?(迫真」

ジュニ猫「うちらはリリーパの皮を被っております。」

KTGY先輩return「信頼に答えたい、想いを分かち合いたい、それが「チーム」として、人として求められるものの1つでもある。」
ちる「エー  リリパだよ?」

KTGY先輩return「なのに投げた球をかったるく投げ返されてばかりじゃ、周りも気にしてよくない」
「/toge ・・・そういうもんだろ。人の「愛」ってもんはよぉ!」


ジュニ猫「リリッ」
ちる「プリッ」

KTGY先輩return「後ろの2人を見ろ。りりーだけで意思疎通ができてる。」
Nakaba「一人排泄音ですけど」

KTGY先輩return「それは意思を受け止める覚悟がちゃんと出来上がってるからなんだよね」
「今回先輩はね、言葉の痛みの中でNkbちゃんにあるものを気付かせたかったんだよ」

ちる「ダイジョブ ナカチャン=バイトで掃除機はインプットされてる」

KTGY先輩return「・・・そう、信頼という言葉の深さ、温かさをね」

ちる「センパイ=@#!  ズニ=ジャイアン」
ジュニ猫「はたらけー」
ちる「( ̄д ̄)」


KTGY先輩return「/moya もうどっちも置物だな」

ジュニ猫「(( ̄δ~ ̄)ホジホジ」

Nakaba「ネットの中でぐらい気を抜いて話したいって部分があると思うので仲良くしようとする人を選ぶ傾向はありますねー」

KTGY先輩return「いつのまにか調教とはかけ離れた話題になってるね」
「ま、たまにはこういう優しい調教もいいか(妥協」

Nakaba「私指名の時点で企画崩壊してますけどね」
ちる「だってギャラリーいないもんw 調教中断w」
ジュニ猫「プロアークス集めなきゃ(指摘)」

KTGY先輩return「痛苦しい先に何かがあるかもしれないと気付かせたかった(真実」

Nakaba「苦難の先には何かは必ずあるもんですよ」
KTGY先輩return「せやな」
ジュニ猫「先輩の経験からじゃな。」
ちる「人生苦難ばかりだから ゲームで発散w」

KTGY先輩return「/toge よし、今日の調教、これにて終了!」

Nakaba「お疲れ様でした~」
ジュニ猫「88888888888」
KTGY先輩return「お疲れー」
「さ、竜退治はもう飽きた(メタルマックス)けどスターのために竜しばいてきましょうかねー」


こうして4人は対抗戦のために緊急へ赴くのだった。
4人は幸せなスター集めをして終了。なお8鯖は最下位だったもよう

| KTGY先輩return | 17:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

くそぅ……参加しそこねた……!

これはお仕置きですわ(セルフ拡張)

| llウィンll | 2014/10/13 20:27 | URL | ≫ EDIT

↑そういやウィンチャンの調教は済んだっけ?
モウロクしてて記憶ないや(σ- ̄)ホジホジ
後半のギャラリーがリリパ2匹ってのが場末な覗き部屋って感じデシタ

| ちる | 2014/10/14 21:11 | URL | ≫ EDIT

ワーシャッシャ ワーシャッシャ かわいーですね~

| ジュニ | 2014/10/14 21:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kingdomofili.blog.fc2.com/tb.php/692-cc14a9ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT