ジュニジュニうに村

リリーパの手によって支配された村

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

先輩の部屋~悶絶アークス糞尿垂流爺改修編~

狭いところは落ち着く


となりの国が慰安婦が云々言い出すたびに「何故女なんだ? 時代背景を考えれば慰安『夫』もいただろう」と考えてる王国専属調教師の先輩です。
さて、本日のお客様は「TR」っ!
王国のマスコットキャラクターと言われていますが、現実は、

※所構わず糞尿を垂れ流すボケ老人
※(永遠の)脳みそ3歳だからかまるで成長しない知能
※働け~と言いつつ自分はハンス前で座りっぱなしの置物

これじゃもう信楽焼のタヌキと変わらねぇな(失望)
ここは先輩の手で新たなスキルを調教開花されるしかな~い。

果たして、ご老体は先輩の調教に耐えることができるでしょうか?
それでは、ご覧くださいっ。

↓BGMを再生してから見よう(提案)



KTGY先輩return「皆様、ご無沙汰しております。」
「アイリ王国専属調教師のKTGYと申します」
「本日の調教相手は・・・」
「/toge TR!

「wwwwwwwwwww」


緑のマモー「ちるチャンかw」

ちる「/toge /ci3 3 リ゙ーーッ!」

KTGY先輩return「このアイリ王国のマスコットと自称しながら糞尿をたれながすだけの置物は、

ウィン「オリの中が似合う」

KTGY先輩return「果たして先輩の調教に耐えることができるでしょうか?」

緑のマモー「www」

KTGY先輩return「それでは、ごらんくだしぁんっ」
「おい、りり豚」

ちる「/fla sit2 /mn10 /ci9 5 t5 プリッ♪」

お座りTRちゃん

開幕脱糞とはたまげたなぁ。でもいい加減マンネリ気味だろう常識的に考えて

KTGY先輩return「お~お~、いい尻してんねえ、どうりでねえ」

緑のマモー「毎日快便だもんね」

KTGY先輩return「でもね、ケツからモノを出すだけってのがいけない」
「これからはね、排泄物を飲み込むことも大切」
「/la you 」

ウィン「排泄物の輪廻転生」

KTGY先輩return「よし、じゃあまずはそのケツに栓をしてみようか」

ちる「出してのんで出して 無限ループ!」

KTGY先輩return「このディルドを・・・ブスッ!」

緑のマモー「wwww」

ウィン「あれは……! コンサイコン……!?」

KTGY先輩return「そしてここに君がひねりだした糞があります。」

ちる「/la orz 」
モグモグ

KTGY先輩return「よく洗ったのでもう一度食べられるね

ウィン「言う前に食べる家畜の鏡」

ちる「センパイ スイカに種アリマース」

KTGY先輩return「うんうん、いいこだねぇ。」

緑のマモー「コ、コイツ、食べ慣れていやがる!!!」

ちる「食べたら芽でるかの~」

KTGY先輩return「ちるちゃんはね、かつて糞尿だけで3ヶ月すごしたことがあるからね」

ウィン「で、でますよ(芽が)」

KTGY先輩return「よし、何か種でも植えてみるか」

先輩、観客の中にいたブロッコリーのおじさんを襲う

KTGY先輩return「ちょうどここに緑があるな」
緑のマモー「!?」
ウィン「肥沃な大地代表マモさん」


KTGY先輩return「/toge イチモツをモギッ」


緑のマモー「ぐぬぬ!!!!」

KTGY先輩return「で、中に種が2こ入っていたね」

KTGY先輩return「よし、まずは種を食え」
「/la appeal 」

ちる「ポリポリ」

緑のマモー「く、食われる・・・ww」
「あっ」

KTGY先輩return「おう、どんな味だ」

ちる「香ばしいアーモンド風味

KTGY先輩return「リリーパでいうとどんな味だ」

緑のマモー「せ、青酸カリか?www」

ちる「り゛っりー

ウィン「ケツの中で発酵されて旨味成分が云々」

KTGY先輩return「/toge りーじゃねえぶっとばすぞ!

ちる「/cla clight3」

KTGY先輩return「/toge ギルナスに毎回捕まる単細胞が!」
緑のマモー「ギルナスと一緒に☆になっちゃうネ」


ちる「忘れかけてた青春の味」


KTGY先輩return「まずね、ちるちゃんね、そういう年配っぽい立ち振る舞いがまずいけない」

ちる「あれわ ギルナスチャンとプレイしてるだけなのじゃ」

KTGY先輩return「人は老いていくけどココロまで老いたらいけないの」
TRちゃん


ウィン「リッー♂」
緑のマモー「いいこと言う」

KTGY先輩return「それを隠してりーりーいってごまかしてるうちはね」
ちる「ダイジョブ 脳みそ3歳」
緑のマモー「www」


ちる「り~?」

KTGY先輩return「やがて括約筋が枯れて自力で糞をひねりだせなくなっちゃうのよ」
「だから、りー公」


KTGY先輩return「/toge おまえはここでケツをきっちり鍛え上げなきゃならないんだよぉ!」


ちる「まだまだ 大活躍筋 プリッ♪」

KTGY先輩return「よしじゃあケツにヘリウムガスをいれてみよう~」

ウィン「予防は大事ね」


KTGY先輩return「/la mc 」

Yuna「/moya /mn6 ブリッ♪じゃないところがかわいい♪」

KTGY先輩return「(プシューーーーーーー)」
ちる「それって 膨らませて空飛べるヤツかの~w」

KTGY先輩return「おし、じゃあケツから七色の声を奏でてみなさい」

ちる「ぷ・ぷ・ぷー ハト バンワぷっぷー
ツバメ「ぷぷぷっぷ~」
ちる「/ci8 1 t5」
緑のマモー「wwwww」


KTGY先輩return「違う!そうじゃねえ!ぷりぷりりりりりぷりりんプリッ♪>プリッ♪

緑のマモー「チムチャかよwww」
メイフィール「www」
伊吹「www」

KTGY先輩return「ぷりりぷりりりーーーりr--りりプリッ♪

ウィン「5色だった」

KTGY先輩return「/toge はいもう一回!」
「わんもあせっ!」

ちる「センパイ ガスも入れずに ウマイwww」
「/la orz 」

KTGY先輩return「ほら、乳首いじってやるからいい声を出せ」
ちる「ぷりりぷりりりーーーりr--りりプリッ♪(コピペ」

Yuna「/moya あの隙間からどうやって手を入れるんだろう・・・?」

KTGY先輩return「/toge もう少し音程を意識しろ

緑のマモー「先輩には108の道具があるからきっとなんとかなる」
ちる「注) チクビどこかワカリマセン」

ウィン「先輩のコンサイコンは長いから」
Yuna「/moya /mn6 それは煩悩という名の道具ですか??」

KTGY先輩return「アナ ルと雪の女王みたいに」
KTGY先輩return「乳首を自分で責めながら声を出すとな、綺麗な声になるんだ」

ここでハトっちがinしたので先輩部屋に連行。そして収録後…(フラグ)


ちる「んだ~w 爺だけでは物足りないからポッポも絡め~w」
KTGY先輩return「ん~、このままではだめだな」

緑のマモー「2人同時攻めか」

KTGY先輩return「/la ichitaro4 」
Yuna「/moya /mn6 テクニシャンですね♪」

ちる「センパイ のビーチクで代用していいかの~」

KTGY先輩return「/la ichitaro3 」

ちる「/cla sit1」

KTGY先輩return「よし、先輩が直接お尻のアナを舐めてやろう」


KTGY先輩return「んっ・・・ちゅちゅ・・・っ・・・ん・・・むちゅ・・・ちゅう・・・ちゅう・・・・

ちる「プリッ♪  あ・栓ぬけちゃったゾー

KTGY先輩return「注r・・・る・・・ちぅ・・・ちゅt・・・ちゅうちゅう・・・ん・・・」
うおおおおおおおおおお糞がドバーッと先輩の顔に

Yuna「出てきちゃったw」

ちる「/cla sit1」

KTGY先輩return「/toge もう顔中糞まみれや!

ちる「せっかくだからセンパイに刺しておこ」

緑のマモー「あかんw」
「wwwww」


KTGY先輩return「おおぅ・・・あぁ・・・」
「おぅ・・・いぇい・・・」

ちる「これで爺と穴兄弟ダネ ♪」

KTGY先輩return「あぁぁ・・・ぉおう・・・うぅん・・・あぁ・・」

ウィン「やったぜ」
KTGY先輩return「穴は1つしかないのだ」


ちる「ついでに 種もかじっておこう」

緑のマモー「www」

KTGY先輩return「だからこそ常日頃鍛えておかなければならない」

緑のマモー「ちるちゃんノリノリだな」


ロンミナ「ログイン早々お風呂へ行った間に・・・なんですかこれは」
さあ、なんだろうね(ひとごと)


Yuna「種///」

ちる「ガリガリガリ         ペッ」

ウィン「キンタマですか」

緑のマモー「ストレートか!w」
KTGY先輩return「おいおい、あんまり無造作に扱うなよ」

ちる「センパイ  種虫くってるぞーw

緑のマモー「ww」

KTGY先輩return「今年は長雨で蟲が繁殖したからな

ウィン「ホントだ、白い虫の幼虫みたいなのがうようよと……」

KTGY先輩return「ただし害虫に施しを与えるのも生命体の務めだ」

ちる「コレワ ミルワームとして タガチャンのフェレットにあげよう

KTGY先輩return「これが蟲となり成虫となりやがて空に舞い上がるのだよ

ちる「ヘンタイ=変体 カコイイ(ウソ」

ウィン「生命を育む先輩、好き」

KTGY先輩return「/toge ちるちゃん、ここにインフェルノバズーカ級大口径張形がある。」
「こいつを括約筋でねじきってみせろ!」


「張形」
男性器を擬したもの。これの電池入りがいわゆるバイブレーター。
その歴史は非常に深く、石器時代からそれっぽいものが存在していたといわれる。
男の象徴であるせいかやたらでかく造られることが多い。安易に挿れるとアッサリ裂けるので注意


ちる「(゚Д゚≡゚Д゚)?ドコドコ」

メイフィール「ww」
Yuna「/moya 張り方ってなんですか??」
メイフィール「探してるw」

ウィン「コンセの威力上がっちゃう///」

緑のマモー「www」
「潜在開放かな」

KTGY先輩return「いくぞー」
KTGY先輩return「/moya お注射です^^(ズシュッ!!)バイオハザード!!」

ちる「センパイ それバリドラウォンドですがww」

ウィン「バリドランウォンドはケツに入れると10倍に膨らむ性質を持ってるからね」

ちる「ダガッチャウォンドにかえるなーw」
KTGY先輩return「/la cheers 」
緑のマモー「www」

ずず~ん!!

KTGY先輩return「ほら挿れたゾ」
緑のマモー「ウィンちゃん、それなんてゴム風船ww」


ちる「ウン ダガチャってマスネ」
KTGY先輩return「糞出すとただ出ちゃうだけだ」

KTGY先輩return「ボキッと折ってみろ」


ちる「ムムムムム~ ポーン!」
「ダガチャの頭だけトレマシタ

ウィン「やばい!」

KTGY先輩return「/toge やりました!大成功です!大成功!(-2)

ウィン「大@#」

ちる「え~ コレ失敗じゃないかな?」

KTGY先輩return「ああ^~ダガチャのコアがポロンと・・・」

ウィン「今ケツの中でダガチャが泳いでますね

KTGY先輩return「/toge なんだか知らんが、とにかくよし!
「これでちるちゃんのお腹はダガチャが回遊する太平洋の暁となった」

ちる「ダガッチャが体内で成長して 浮遊でけるようになる!

KTGY先輩return「やがてその大海は全ての生命を育み、原初の存在となるであろう

緑のマモー「斬新www」

ちる「滞空 プリッ♪ができるぞー」
「/cla praise」
「/cla praise」
「/cla praise」

KTGY先輩return「ぷそつーでいうところのフォトナー(ネタバレ」

ちる「/cla praise」
「/cla sit2」

ウィン「ダガチャが元気にビチビチ跳ねて、尾ひれで前立腺連打してます

KTGY先輩return「空も飛べるぞちるちゃん」
「まあケツにうなぎ入れてるものだとおもえばええ」

ちる「ウンム Boなんかイラナイネ」

ウィン「ヤツメウナギ」

KTGY先輩return「時代はTr!(ちる)」

ちる「ナニソレ 精力満点じゃのw」

KTGY先輩return「迷ったらTr!覚えておくがいい
緑のマモー「ww」

ちる「チャージ!! プリッ♪」


KTGY先輩return「はい、今日はここまで。」
「お疲れ様でしたー」

ウィン「ンコギア」
ちる「あー 盛り上がらず オワッタw」
「/cla clight1」

KTGY先輩return「たまにはこういうまったりしたのもいいね」

緑のマモー「そうか?楽しかったぞ?w」

Yuna「/la clight1 」
伊吹「/cla dance9」
「/la dance9」

(観客、感動の舞)


KTGY先輩return「あんまりちるちゃん責めると心不全で死んじゃうから」

メイフィール「www」
伊吹「wwww」
緑のマモー「www」

ウィン「ちるちゃんのンコ同様、水っぽかった」
ちる「もっとこう ギャラリーも巻き添えにしたかったw」

KTGY先輩return「次回はメイちゃんあたりにしよう」

緑のマモー「ハトちゃんとアルジもうちょいこっちおいでよw」

メイフィール「ふぉ!?」

ちる「そもそも 常時脱糞してる爺を調教はムリじゃなw」
KTGY先輩return「何を言うか、ただ糞尿を垂れ流すだけのケツが生命を育むケツに改修されたぞ」



(こうして幕を閉じた老人調教。しかし今夜はそれだけでは終わらなかった…)




ハト「チュンチュン」

ウィン「あ、ハトだ」
「エサあげなきゃ」

ハト「すずめです」

伊吹「www」

ウィン「おいでおいで」
ウィン「ほら、パンか何かのクズか何かだよ」

KTGY先輩return「よし、今日は延長戦!」

KTGY先輩return「/toge マモー!
緑のマモー「ファッ」

KTGY先輩return「ハトちゃんをお前の手で緑以外に染めてみせろ!」

緑のマモー「wwww」


ウィン「マモが調教する側だった」

KTGY先輩return「さ、ハトちゃんもこっちきて」
「さあinオリ」

緑のマモー「/ci8 1 はとちゃん自らゲージにはいったw」

ウィン「これはナコちゃん呼ばなきゃ」
「(使命感)」

KTGY先輩return「さあ、マモーによるぽっぽ調教ショーの始まりや・・・」

ウィン「マモ×ハト ハッジマルヨー」

ちる「今日のポッポは赤キュベファッション」

ハト「/moya (アドリブ苦手だけど大丈夫かな)」

ちる「マモーの袋の中には豆がイッパイ」

緑のマモー「せんずだよ!!!」
「もしくは枝豆だよ!!!」

ハト「豆は与えないでください」

緑のマモー「wwww」

ウィン「ハトか何かが豆鉄砲か何かを食らったか何かした顔か何か」

KTGY先輩return「ぽぽぽ、ぽーぽぽー、ぽ?」

緑のマモー「ハトちゃんか、そうだな、どんな手でいこうかな」

ハト「ぽぽぽぽ~ん!」

緑のマモー「ハトちゃんは調教されるとしたら縛ってもいいのかな?」

ウィン「もうバキュームしよう」

緑のマモー「www」


ハト「いいよ///」
いいのかよ


緑のマモー「よし、ではお縄でギュギュ!」


ハト「んああああああああああああ」

緑のマモー「反応ええなw」


ウィン「屠殺かなにか?」

緑のマモー「よし、そうだな、とりあえず腕は解くから」
「自分でイジってみようか^^」

ウィン「パンツ蒸発した」

(ぽっぽ、チ○チ○ シュシュシュッ!タイム)

緑のマモー「wwww」
「もっと強くじゃないとダメだよ^^」

ちる「向こうむいたww」

Yuna「恥じらいがw」

ウィン「もうナニをいじってるようにしか見えない」

ハト「あ~イキソ」

緑のマモー「声は我慢しなくてもええんやで^^」

KTGY先輩return「ここはマモーがやさしくリードしてあげないと」

緑のマモー「そうだな、DOREIなぽっぽには」

ちる「リードどころか 一心不乱ですがw」

ウィン「/toge オゥイェース…シーハー…シーハー…オーゥ…アイムカミン…アイムカミン!シーハー!イエスイエス!カミンカミンカミン!


緑のマモー「足でサポートしてあげようかな^^」

ハト「チャットしながらはいじれないです(正論」

緑のマモー「/la bed1 」
「コキコキ」

ハト「オゥイェース…シーハー…シーハー…オーゥ…アイムカミン…アイムカミン!シーハー!イエスイエス!カミンカミンカミン!

ちる「ウム 若いってイイのぅ♪」

緑のマモー「アメリカンだなwwww」

ハト「オゥイェース…シーハー…シーハー…オーゥ…アイムカミン…アイムカミン!シーハー!イエスイエス!カミンカミンカミン!

緑のマモー「よし、じゃぁ次はここにファング4スロのコンサイコンがあるじゃろ?」
「自分でいれて、スイッチをオスのじゃ」

※王国にとってコンサイコンは性具です。異論は認めない


ハト「そんなおきいの入らないよ~」

ちる「4スロの性能とやらを!」

緑のマモー「だめだ、入れるのさ」

ウィン「じゃあ私が手伝ってあげるね」

Yuna「なせばなるって言葉がありますよw」

伊吹「wwwww」


緑のマモー「十分濡れているだろう~?」

ウィン「/cla dance2」
「prprprp」

(WIN、ハトのアヌスを舐め始める)
※ちなみにアナルは形容詞だから間違って使わないようにネ


ハト「あひぃ」

緑のマモー「www」

KTGY先輩return「ローションもあるぞ、使うか?」

緑のマモー「NOローションでいく!」(強気)

ちる「ウィンローションw」

緑のマモー「www」

ウィン「私の唾液腺からはワセリンが分泌されることで有名です」

緑のマモー「www」
「さすが淫魔w」
「(Twネタです」
「コンサイコンは無事に入りそうかな?^^」

メイフィール「ウィンキュバス」

ハト「な、なんとか・・・」

緑のマモー「じゃぁウィンちゃん」

ウィン「これなら114514本は行けるゾ~」

KTGY先輩return「力を抜け」
「(アドバイス)」

ハト「ひ~ひ~ふ~」(ラマーズ法)

緑のマモー「前のご奉仕お願いしてもいいかな」


ちる「マントで見えませんwwww」


緑のマモー「コンサイコンを抑えててあげるから自分で動いてみて^^」
「なかなか上手に動けないかな~」
「じゃぁ動かしてあげよう」


ハト「は、はい」

緑のマモー「ヌッコヌッコ」
ウィン「prprprpr」

同時責め・・・そういうものもあるのか

ハト「あぎぃぃぃぃ

緑のマモー「もうすこし早めてみようかな」
「nknknknknk」

ハト「うぎぃぃぃぃぃぃぃ!」

ウィン「"/toge  ジュルルル!!!!!!!!!ジュボボボボボ!!!!!!! ズポ!!!!!!!!!!!!!!グッポグッポ!!!!!!!!!!"」
(WIN、先輩直伝のガッツリフェラでハトちゃんを激しく責める。もう前も後ろも感じまくりや!)

ハト「/toge んぎもぢぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」

緑のマモー「イクときは勝手にいっちゃダメだよ。ちゃんとイクイクって言ってね///」
「www」

ウィン「カワイイ声で言ってね///」

緑のマモー「前のカンジはウィンちゃんどうですか?」

ウィン「はい、先からなんか出て来て、脈打ってマス」(報道の自由)

緑のマモー「そろそろ絶頂しそうかな?^^ニヤニヤ」

ハト「あ~イキソ」

ちる「ポッポー! (ハト時計風」

緑のマモー「www」


ハト「イクイクイクっぽ~!」 ハト、絶 頂 射 精


緑のマモー「はい、よく出来ました^^」

ハト「ふぅ・・・」

ウィン「@#!の先が観音開きして中から白い何かが出てきました」
「引っ込みました」

緑のマモー「上手にできたご褒美にハトちゃんには私のブロッコリーを入れてあげよう^^」
「/la dance22」
「/la virtualon」
「/cla virtualon」

ちる「それはピジョンミルクといって 精力剤になるのじゃ」

KTGY先輩return「/toge 拍手ー!」

ウィン「これ完全に入ってるよね」

緑のマモー「ピジョンミルクって 普通に粉ミルクじゃねーかw」

ハト「鳩は子育てするときに口からミルクだすんだよね」

緑のマモー「え?マジで?」

ハト「確かそうw」

緑のマモー「さすがハトポ、やりおる・・・w」

ウィン「素嚢乳ですね」

ハト「それがピジョンミルク」

ちる「爺ウソツカナイ」

緑のマモー「ということで、あとはご想像におまかせします!!!」
「ありがとでしたww」

ハト「はいw」

緑のマモー「ハトちゃん、ウィンちゃnありがとねーw」

ウィン「prprprprpr」

Yuna「まだ続いてたw」

| KTGY先輩return | 19:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この記事、限りなくアウトに近いアウトじゃねーか!(笑)

| らげ | 2014/08/16 20:25 | URL |

確かこの後もっt(ry あれ?誰か来たみたいです。。

| Yuna | 2014/08/17 00:18 | URL | ≫ EDIT

保存しますたm9(`Д´)

| 穴あきさん | 2014/08/17 04:03 | URL |

ペットに躾は必要ヨネ^^

| ジュニ | 2014/08/17 09:45 | URL | ≫ EDIT

プリッ♪ (`∀´)

| ちる | 2014/08/17 10:37 | URL | ≫ EDIT

くそwww UPしないつもりでいたのにwwww

| JUDAR @ 緑のマモー | 2014/08/17 15:37 | URL |

ルーサーさん、全知はTRのアニャルにあるみたいですよ

| トムさん | 2014/08/17 19:02 | URL |

>>RAGE
最終的に消されなければアウトにはならないのだよ
>>Yuna
残念。来たのは私のおいなりさんだ(意味不明)
>>ANAK
早速拡散しようねぇ~(ねっとり
>>JNI
反抗的なペットは飼い主に噛み付くからね。しょうがないね
>>TR
ああああああああブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチブブブチチチブリゥチゥッッ!!!!
>>JUD
おーいみんなー、マモーがハトちゃん調教シーン動画であげてくれるってさー。期待してまとうぜー。
>>TOM
あいつは阿呆だからね。解はエロスと背徳の境地にあると知らんのだろう

| KTGY先輩return | 2014/08/17 20:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kingdomofili.blog.fc2.com/tb.php/679-d5531f1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。